単利と複利の違いってなーんだ??

こんにちは!
HAJIMEです。

僕も投資家ですので、投資においてもその投資が単利か複利かは気にしている項目の一つですね。

 

皆様は「単利」と「複利」について聞いたことがありますか??

 

単利とは元本に対してかかる利率で

複利とは元本だけでなく生まれた利息にもかかる利率です。

 

数字を用いて説明したほうがわかりやすいでしょう。

 

100万円の投資用の資金があります。

これを単利と複利で応用した場面を考えます。

この時の年間利率はどちらも10%とします。

 

これを単利で運用してみます。

1年間の利率は10%ですので、100万円は1年後に

100×0.1(10%)=10

つまり10万円増えます。

そして100万円が110万円になります。

 

単利の場合、どれだけ大きい金額になっても元本にしか利息はかかりません。

この場合、110万円の内訳が元本100万円、利息分10万円

ですので、100万円にしか利息はかかりません。

この場合も100万円に対して10%かかるので、増える金額は10万円。

つまり3年目に突入する際の金額は

110万円+10万円=120万円となります。

 

元本が変わらない限り、毎年同じことが続きます。

このように階段状に増えていくのが単利です。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114224329j:plain

 

次に複利についてお話しします。

上記に同じく、元本が100万円で利率も年間10%とします。

 

1年間の利率は10%ですので、100万円は1年後に

100×0.1(10%)=10

つまり10万円増えます。

そして100万円が110万円になります。

 

そして2年目に突入しました。

手元にあるのは110万円です。

110万円の内訳は元本100万円、利息は10万円です。

ここから単利と複利の違いが明らかになります。

 

冒頭でもお話ししましたように、複利は得られた利息にもかかる利率です。

 

つまり110万円全体に10%の利率がかかります。

110万円×0.1(10%)=11万円

つまり11万円増えるため、

110万円+11万円=121万円

となります。

 

単利と複利の違いだけで、わずか2年で1万円の差がつきます。

これが、5年、10年続くと大きな差になることは容易にわかるのではないでしょうか?

複利は雪だるま式にブクブク膨れ上がります。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114225850j:plain

 

ならばなんでも複利にしたらいいのでは!!

とお考えの方が多いかと思います。

単利と複利を比べたら、複利のメリットにばかり目が行きがちになりますが、実はメリットばかりでもないのです。

 

そのことについては次回お話しします。