2018年の目標 〜目標はできるだけ数字でわかりやすく〜

こんにちは!
もうすぐ2018年が開幕しようとするところですね。

 

さてさて、皆さんは新年にどんな目標を立てていますか?

大きな目標を立ててワクワクしている方もいれば、目標らしい目標は立てておらず、平和に健康に過ごせたら!とお考えの方もいるでしょう。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20171231221617j:plain

 

筆者はといいますと、まずは12月よりはじめたこのブログを人気ブログにするという目標を立てております。

せっかく書くからには一人でも多くの方に読んでもらいたいですし、少しでも利益を上げたいとも思います。

そのために、どうしたら読者の皆様に役立てる記事を書けるか、もっともっと試行錯誤します。

日常生活でもっともっとアンテナを張ります!!

 

と、いいつつも数字で表現しないと目標とはどうしてもぼやっとしてしまいます。

ですので、ブログのPV数を月ごとに設定しております。

 

皆様も目標を立てるときは数字で立てることを意識してみてください。

どうして、「数字」で立てるのか?

 

まず、数字は競争力の証だからです。

また数字で表現することにより、どれだけできているかの物差しになるからですね。

数字で表現しないと、客観的にはできているつもりでも実は中身は全然だったということもあり得ます。

 

例えば

縄跳びが上手になる!!

も立派な目標ではあります!

しかし、何を持って上手になったと言えるのか?

本人が練習を重ね、上手になったという感覚を得られることが目標を達成したことになるかもしれません。

しかしながら、ただ上手になりたいというだけではどうしてもぼやっとしてしまします。

 

上手になりたいを、二重跳びが20回できるようになる!と数字で表すと分かりやすくなると思いませんか?

20回できるようになったら目標は達成!できなかったら未達成と分かりやすいと思います。

ですので目標はできるだけ数字で立てましょう!

 

営業職の方ですと、契約を10件もらう!

マラソン選手ですと、5000mを15分以内に走れるようになる!

水泳選手ですと、1000m泳げるようになる!

 

などでしょうか?

このように数字で表すとわかりやすいです( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:be-yone-HAJIME:20171231224315j:plain

 

◯◯の試験に合格する!

部長まで出世する!

 

のように「できたか、できなかったか」や白黒はっきりつけるタイプの目標ですと数字で表すのが難しいですので、◯◯できるようになるでもいいでしょう!

受験生ですと◯◯大学合格!となるかと思います!

 

皆様も数字で立てられる目標は是非、数字で立ててください。

数字で立てることにより、目標の数字から逆算して、それを達成するために何をするべきかが見えてきやすくなります。

目標からの逆算については後日の記事でまた詳しく書きます。

 

是非、立てた目標を達成して気持ちの良い年末を迎えてくださいね。

ではでは、改めまして!

よいお年を!(^O^☆♪

 

f:id:be-yone-HAJIME:20171231224558j:plain