単利と複利の違いってなーんだ??

こんにちは!
HAJIMEです。

僕も投資家ですので、投資においてもその投資が単利か複利かは気にしている項目の一つですね。

 

皆様は「単利」と「複利」について聞いたことがありますか??

 

単利とは元本に対してかかる利率で

複利とは元本だけでなく生まれた利息にもかかる利率です。

 

数字を用いて説明したほうがわかりやすいでしょう。

 

100万円の投資用の資金があります。

これを単利と複利で応用した場面を考えます。

この時の年間利率はどちらも10%とします。

 

これを単利で運用してみます。

1年間の利率は10%ですので、100万円は1年後に

100×0.1(10%)=10

つまり10万円増えます。

そして100万円が110万円になります。

 

単利の場合、どれだけ大きい金額になっても元本にしか利息はかかりません。

この場合、110万円の内訳が元本100万円、利息分10万円

ですので、100万円にしか利息はかかりません。

この場合も100万円に対して10%かかるので、増える金額は10万円。

つまり3年目に突入する際の金額は

110万円+10万円=120万円となります。

 

元本が変わらない限り、毎年同じことが続きます。

このように階段状に増えていくのが単利です。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114224329j:plain

 

次に複利についてお話しします。

上記に同じく、元本が100万円で利率も年間10%とします。

 

1年間の利率は10%ですので、100万円は1年後に

100×0.1(10%)=10

つまり10万円増えます。

そして100万円が110万円になります。

 

そして2年目に突入しました。

手元にあるのは110万円です。

110万円の内訳は元本100万円、利息は10万円です。

ここから単利と複利の違いが明らかになります。

 

冒頭でもお話ししましたように、複利は得られた利息にもかかる利率です。

 

つまり110万円全体に10%の利率がかかります。

110万円×0.1(10%)=11万円

つまり11万円増えるため、

110万円+11万円=121万円

となります。

 

単利と複利の違いだけで、わずか2年で1万円の差がつきます。

これが、5年、10年続くと大きな差になることは容易にわかるのではないでしょうか?

複利は雪だるま式にブクブク膨れ上がります。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114225850j:plain

 

ならばなんでも複利にしたらいいのでは!!

とお考えの方が多いかと思います。

単利と複利を比べたら、複利のメリットにばかり目が行きがちになりますが、実はメリットばかりでもないのです。

 

そのことについては次回お話しします。

 

どうしても避けられない好不調の波!その付き合い方とは。

こんにちは!

今日も朝から寒いですね。。

 

新年が明けてから半月が経とうとしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか??

新年に新しい目標を掲げ、勢いでできた努力もそろそろ息が上がってきている方も多いのではないでしょうか。

今はまだ息が上がっていなくても一年の中で、息があがる時もくると思います。

好不調の波もあり、どうしても調子が悪い時もあると思います。

 

調子が悪くなった時に、自身の不調とどう向き合うかでその後の流れも変わるでしょう。

今回はその不調との付き合い方についてお話しします。

 

皆さんにとって不調とはどんなことを表しますか??

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180105005733j:plain



 

これまで普通にできていたことができなくなった。

何をやっても思うようにいかない。

 

 

などかと思います。

 

そしてその状況をどう打開するかといいますと。。。

 

まず一つが調子のいい時を思い出してみましょう。

皆様も調子がいい時はこんなことができる!というのはありませんか?

 

ある!

と答えた方!!

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114123940j:plain

 

調子のいい時にできることができるようになる練習などをしてみましょう。

◯◯ができるというのは調子や健康のバロメータです。

それならば、「調子のいい時にできる」ことをできるようにすることが調子を取り戻す近道になると思いませんか?

かつて、西武ライオンズ中日ドラゴンズに所属していた元プロ野球選手の和田一浩選手も「調子のいい時はライト方向に強い打球が打てる」というのがあったそうで、調子の悪くなった時は、ライト方向に強い打球を打つ練習をして調子を取り戻していたそうです。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114122557j:plain

 

そして、先程の質問にないと答えた方。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114124045p:plain

 

悲観的になる必要はありません。

その時は調子の悪いなりの動き方を考えてみましょう。

 

現役のプロ野球選手であり、現在はメジャーリーガーのダルビッシュ有選手も高校時代から肩を痛めており、肩に負担のかからない投げ方を研究していたそうです。

肩に負担のかからない投げ方を研究していく中で、新たな投法を身につけ、肩の痛みも和らぎ、本来の投げ方も取り戻すことができたそうです。

本来の投げ方に加え、肩に痛みが出た時の投げ方など、怪我をきっかけに複数の投球パターンを身につけ、その日の調子の良し悪しで使い分けることができるようになり、調子の悪い時でも結果を残せるようになったようです。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180114122843j:plain

 

ですので、調子の悪い時は悪いなりの動き方を身につけることで、自身の引き出しを増やし、調子の良し悪しによって使い分けることができるようになります。

 

和田一浩選手、ダルビッシュ有選手の例を挙げると、「彼らだからできたんだ!」「プロとアマを一緒にするな!」という声も飛んできそうですが、別に自分達にも取り入れられることはあると思いますし、吸収できることは吸収していいと思います。

もちろん「その人だからできた!」というのも存在はします。

スポーツでもビジネスにおいても結果を残せる人には残せる人の思考があるように感じます。

スポーツや芸術など、センスや素質などが問われるものには、その技術を取り入れるのに難しいものはありますが、考え方や行動パターン、生活習慣は自身の気持ち次第で変えられえると思います。

 

調子の悪い時は悪いなりの動き方を身につける。

これは自分自身と立派に向き合うことにもなりますし、自身の引き出しも増やしてくれます。

調子が悪い時に根性で乗り切ろうと考えて失敗した人や疲れてきた人は是非、一度考えてみてください(^O^☆♪

え!?!? チームワークの強調はグループ内手抜きを生む!?

こんにちは!!

記事の更新が少し滞っていました。

私はなんとか元気にやっております。

 

さて、今回お話させていただく内容はチームワークについてです。

皆さんもチームワークという言葉は子供のころからよく聞く言葉ではないでしょうか??

 

チームワークとはすごく響きのいい言葉ですよね。

 

ですが、、、

 

ここに実は落とし穴があるのです。

 

それは、チームワークを強調することにより「グループ内手抜き」が生まれるのです。

 

これに関してはドイツの心理学者リンゲルマン博士が綱引きによる実験で証明しました。

一本のロープを一人ずつで引き合うと、お互いが約63kgの力を発揮しました。

それが二人ずつで引かせると53kg、三人ずつで引かせると31kgまで力が弱まったとのことです。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180113233735p:plain

 

 

驚かれる方も多いかもしれませんが、複数の人間が共同作業すると、その陰で手抜きをするものが現れるのは心理学の法則でもあるようです。

 

何もチームワークを批判するつもりもないですし、一匹狼になれとも言いたいわけではありません。

むしろ、そうなってはいけないです!!

 

 

一人一人が全力を出すことに注力する。

その過程の中で自然とチームワークは生まれる。

 

 

本当に強い組織はこのような考えが浸透しているそうです。

 

一人一人が自分の仕事に対して全力で全うする。

そしてお互いがお互いの期待を超える!

 

これができると、その組織はどんどん強くなるものと考えますし、お互いがお互いを尊敬し合うので自然とチームワークが生まれるように感じます。

 

僕は仲間は宝だ!と考えるタイプなので、みんなで何かをすることは好きなタイプです。

ですので、チームワークを強調することはすごくいいことと考えていました。

このような記事を書いていながら、何言ってんだ!?という言葉も飛んできそうですが、再度お話しますと、チームワークを批判しているのではありません。

 

チームワークは強調するものでなく、個人が力を出すことにより自然と生まれるものであれたらと思っているのです。

 

もちろん、自分一人で成し遂げられないことは他人を頼っていいのです。

強い組織には自分の苦手を誰かの得意で、誰がの苦手を自分の得意でカバーしあう意識も備わっています。

 

チームワークを大切にしているのに、チームがうまく機能しないと悩んでいるグループのリーダーの方は是非、一人一人が目の前のことに集中する体制を敷いてみてください。

一人一人が力を発揮し、その中から新たに堅固な結束力が生まれると思いますよ(^O^☆♪

f:id:be-yone-HAJIME:20180113235317j:plain

Yes, if の法則とは??

こんにちは!
HAJIMEです。

正月明けはやはり身体が重たいですが、逃げられない仕組み作りでなんとか乗り切っております。

まだ、気持ちにムラがあるのでそれを少しでも早く安定させたいと思う今日この頃です。

 

さてさて、前回は同じもの(こと)をぶつけることの危険性についてお話ししました。

前回の記事に目を通してない方は目を通してからの方が理解しやすいと思いますので、是非目を通してみてくださいね。

 

 

 同じものをぶつけてはいけない。。

そうしたら、、

 

どうものを薦めたら良いのか?

助言を与えたら良いのか?

 

とお悩みになると思います。

 

ここでYes, if の法則の出番です。

 

まずは相手を褒めましょう!

気持ちよくさせることが大切です。

 

Yes=相手をしっかり褒めて!

そこで相手を否定しないまま、

 

if=もしこうだったら

を考えてみましょう。

 

 

それってすごくいいよね!

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180108002727p:plain

 

 

そして、もしこうなったらもっといいよね!

と問いかけます。

 

あれができて、、( ´ ▽ ` )ノ

これができて、、( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180108002456j:plain

 

相手がその商品を手にした後のことを想像させます。

 

自分がイメージし、これなら今をもっとよくできそうだ!

今持っているものよりもいいのではないか?

 

と思えるようになったら、相手に自分の思いが伝わるかもしれません。

もちろん、伝われと思わないことも大切です。

 

まとめると、

 

相手の考えを否定しない(しっかり褒める)

自分の薦めたいもの(こと)があるなら、それを手にした後のことを想像させる。

 

上記のことを意識するだけでも大きく変わります。

悩んでいたら、是非試してみてくださいね(^O^☆♪

同じものをぶつける危険性!?!?

こんにちは!
寒くなったり暖かくなったりなど、寒暖差が激しいですね。
HAJIMEです。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180107165600j:plain

 

さて、今回は同じものをぶつけることの危険性についてお話しします。

同じものをぶつけるって。。??

ここではコミュニケーションの場面におけるぶつけ合いについてお話しします。

意見を戦わせるとは意味は違います。

 

 

例えばあなたが友人に助言を与える場面に遭遇したとします。

友人が自分の理想の実現に向けて、計画を立てていました。

友人は真剣ですが、あなたからみてその計画はとても非効率でした。

 

その場面を想像してください。あなたなら何をしますか??

 

これをこうした方がいいと話す!!

 

と答えた方!もちろん相手にもよりますが、これは少し危険です。。

 

なぜかといいますと、相手の意見を真正面から否定することになるからです。

 

友人も本気で考えた内容です。

あなたも本気で考えた内容を真正面から否定されると、それはさすがに応えますよね?

ましてやその道のプロでもない方からの助言であればなおさらです。

 

これは瀬戸物に瀬戸物をぶつけるというイメージです。

瀬戸物瀬戸物をぶつけたら割れてしまいますよね。

口論している時、きつい口調きつい口調で返したら喧嘩になりますよね。

 

営業職の方ですと、お客様が他社の商品を購入していて、同じような商品で自社の方が明らかに優れていると感じることもあるでしょう。

この時に、お客様が購入した他社の商品よりもうちの方が優れていますよ!とストレートに話したらどうでしょうか?

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180107172131j:plain

お客様からすると自分でいいと思って買った商品です。

それを自社の商品の方が優れてるからとそれをそのまま薦めてしまうと自分の考えが否定されることになりますよね。

 

ですので同じものや同類の商品等をぶつけ合うことは非常に危険です。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180107171539j:plain

 

その時はどう話したら良いのか?

どう薦めたら良いのか?

 

それは次の記事でお話しさせていただきます。

 

現実に戻りましたね。。そんな時は!?

こんにちは!

正月も終わり、4日から仕事が始まった方も多いでしょう。

僕も4日から仕事が始まり、現実に戻った気がして少し身体が重かったですね(笑)

 

現実に戻り身体がいつもより重く感じるかもですが、上手に切り替えていきましょう!

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180105014012j:plain

 

え!?

上手な切り替え方を教えてほしいって?

 

上手な切り替え方となりますと。。。

まずはいつもよりも早めに物事にとりかかると良いでしょう!

 

とは、いっても身体は重たいかもしれません。

その時は無理をしないで気持ち良く作業にとりかかることを意識してみてはいかがでしょう。

僕も高校時代の陸上部の活動では定期テストの時は2週間近く練習が休みだったため、テスト勉強の合間に身体を動かしても、テスト明けはどうしても身体が重いものでした。

その時は無理に練習するのではなく、気持ち良く走れることを意識しました。

 

テスト明けの部活では気持ち良く走り、少しづつ練習の強度をあげていき、1週間くらいかけて元の強度に戻していきました。

身体も鈍っていますからね。。

 

ですので、長期休暇明けはいきなりエンジンを入れるのではなく、気持ち良くとりかかる!!

これができるだけでもモチベーションは変わるのではないでしょうか。

とはいえ、連休明けですのでタスクが溜まり、気持ち良くとはいっていられない方も多いでしょう。。

そのときは1つでいいので比較的早くこなせるタスクを片してみましょう。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180105021433j:plain

 

連休明けだからといって、意気込んで大仕事をすると脳が確実にやる気を失います。

脳がやる気を失うと何もできなくなります。

 

それでもやっぱり身体が重たい!!という声も飛んできそうですが。。

 

そればかりは、少しの気合で乗り切りましょう!!

 

明日からも頑張っていきましょう!

僕も頑張ります!(^O^☆♪

目標からの逆算

こんにちは!

旅好き投資家のHAJIMEです。

やはり根っこからの旅好きですので今すぐにでも旅に出たいですね(笑)

旅好きの方!!

今すぐにでも旅に出たいと思ったら、是非下のリンクをクリックしてください。

おおお!!

と、思えるチケットが見つかるかもです(^O^☆♪

 

 

さてさて、先日目標は数字で表そう!とお話しされていただきました。

 

be-yone-hajime.hatenablog.com

 

なぜ、目標からの逆算が必要なのか?

そもそもなぜ目標が必要なのか?

 

それは努力の方向性をはっきりさせるためです。

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180102223808j:plain

 

目標がないとはつまりゴールがないということです。

目標もないのに努力し続ける!

それはつまりゴールのないマラソンを延々と走り続けるようなものです。

 

ただでさえ苦しいことを続けないと目標を達成することが難しい中、ゴールもなく延々を努力を続けることはナンセンスだと思いませんか??

 

f:id:be-yone-HAJIME:20180102224247j:plain

 

ですので、まずは目標をしっかり立てましょう!

そして目標は数字で立てましょう!!

 

数字で立てることができたら次は目標からの逆算を行います。

目標を達成する期間が1年後であれば、3ヶ月後にはこの位置まで、6ヶ月後にはこの位置まで!みたいにです。

逆算のメリットは細かく区切ることによりモチベーションを保ちやすい、途中修正が効くというところにあります

 

ダイエットを例に逆算してみましょう!

現在の体重が100kgで1年で30kg痩せることを目指します。

 

この場合ですと、1年で30kg痩せるぞ!!と言いたいところですが、1年という長いスパンを考えますと、途中どうしてもダレてしまったり、目標を見失いそうになることもあるかと思います。

ですので、1年で30kg痩せるためには、、

3ヶ月後には5kg痩せる。

6ヶ月後には15kg痩せる

10ヶ月後には25kg痩せる

など目標を細かく区切ってみてください。

区切り方は1ヶ月単位でもいいですし、自分にあったペースで区切ってみてください。

 

 

次に営業マンの方がよく活用すると思われる方法をお話します。

 

営業マンの方ですと◯◯件の契約を取る!

という目標を立てている方も多いでしょう。

そのために積極的に色々な人に会いに行ったり、アポイントを入れたりすると思います。

しかしながら、アポを取ったからと行って契約に結びつくとは限らないですよね。

 

ですので契約を10件取るためには

100人の人に会いに行く

30人の人とアポを取る

などして、目標の契約件数から逆算していくと思います。

 

是非、目標を立てている皆様も目標からの逆算を行い、努力のしやすい形を見つけてください。

逆算はできたものの、今度は途中のダレとどう戦うか悩んでいる方は下記の記事を参考にしてみてください。

 

be-yone-hajime.hatenablog.com